採用情報RECRUIT

先輩のようなスーパーアシスタントを目指したい!

約3分の2はお会いしたことがありませんが、
電話の声を聞くだけでお客様は分かります。

私たち営業アシスタントは、縁の下の力持ち。営業が外出している時にかかってくる注文や問い合わせの電話対応、来店したお客様やFAXで入ってくる注文対応がメインです。特に電話の本数は多く、1日で約80件は対応しているように思います。私の担当は比較的遠くのお客様なので直接会う機会がなく電話のみ。忙しい時でも明るい対応を心掛けています。今は声だけでどちらのお客様か大体分かりますよ(笑)。液晶で番号も確認するので自分の担当以外のお客様もほぼ分かります。入社1年目の頃は、商品の種類が多く水回りの細かい部品は普段見ることもないので、聞き取ることも何を言っているのか見当も付かずにパンク。手配ミスで「間に合わない!」と叱られたこともありました。
自分のふがいなさに涙することも。ですから時間があるときは倉庫に足を運び、とにかく商品を覚えていましたね。商品の入れ替わりも多く、今も毎日が勉強です。

スーパーアシスタントを目指したい

今は3人の営業のアシスタントをしています。仕事は大変ですが困っていると周囲が助けてくれ、時間を割いて使い方なども教えてくれます。間違えたり経験を積みながら少しずつ商品を覚えていきます。初めての商品も手を尽くして調べきり、お客様に感謝されたこともあります。それがまた嬉しいのです。お客様や営業から現場が無事終わったと聞くと、何とも言えない達成感を感じるのは私だけではないはずです。アシスタントはメーカーとのやりとりも多いので、自分の判断で良い商品、対応がいいなどと思えばお客様に勧めることもしています。先輩の中には営業を頼らず、商品知識も豊富なスーパーアシスタントがいます。現状に満足せず、仕入れ値の交渉力をもっと付けようと頑張っている先輩。私の目標です。

通勤の車の中で熱唱♪

社内で忙しくしているアシスタントですが、戦争のようになるのが1日2回ある配送にお客様の商品を間に合わせるとき。締め切り間際に注文がくることもありそれはもう必死です。私たちは大変になりますが、便が増えればお客様は喜んでくれますね、きっと。なので、トラックが出たあとのコーヒーブレイクは大事な時間です(笑)。
マルニシの女性は頑張り屋さんが多い。外には出ませんが、営業と変わりません。そんな忙しい毎日のストレス解消は歌。私は会社までちょっと遠くて通勤に40分位かかります。この時間が貴重で、行きも帰りも大好きな歌を熱唱しています。そして帰ったら家でダラリと過ごす。休日は美味しいモノ食べたり旅行したり。メリハリを大事にしています。

< 一覧へ戻る